コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙霞嶺 せんかれい

百科事典マイペディアの解説

仙霞嶺【せんかれい】

中国,浙江・江西・福建省境の山脈。標高約1500m。銭塘江の源流で,信江・【びん】江上流の南浦渓などの分水嶺をなす。低い鞍部楓嶺(ふうれい)は江西〜福建間の連絡路として利用され,古来関門が置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙霞嶺
せんかれい / シエンシヤリン

中国南東部にある山脈。銭塘江(せんとうこう)水系、甌江(おうこう)水系と(びんこう)水系との分水嶺。浙江(せっこう/チョーチヤン)省の主要山脈の一つで、古泉山、泉嶺山ともよばれる。浙江省、福建省、江西省3省の省境付近で武夷山(ぶいさん)から分かれて北東方に延び、さらに北東へ延びて天台山脈に連なる。平均海抜高度1000メートル前後、中生代の火山岩に覆われ、節理がよく発達、急崖が多い。福建省境に仙霞関、楓嶺関(ふうれいかん)があり、古来福建に入る関門で、軍事上の要衝でもあり、「一夫関に当れば万夫も開くことのできない」天険として知られてきた。ことに仙霞関は長さ10キロメートル、石段360段、28曲がりの難所とされる。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone