コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙霞嶺 せんかれい

2件 の用語解説(仙霞嶺の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

仙霞嶺【せんかれい】

中国,浙江・江西・福建省境の山脈。標高約1500m。銭塘江の源流で,信江・【びん】江上流の南浦渓などの分水嶺をなす。低い鞍部楓嶺(ふうれい)は江西〜福建間の連絡路として利用され,古来関門が置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙霞嶺
せんかれい / シエンシヤリン

中国南東部にある山脈。銭塘江(せんとうこう)水系、甌江(おうこう)水系と(びんこう)水系との分水嶺。浙江(せっこう/チョーチヤン)省の主要山脈の一つで、古泉山、泉嶺山ともよばれる。浙江省、福建省、江西省3省の省境付近で武夷山(ぶいさん)から分かれて北東方に延び、さらに北東へ延びて天台山脈に連なる。平均海抜高度1000メートル前後、中生代の火山岩に覆われ、節理がよく発達、急崖が多い。福建省境に仙霞関、楓嶺関(ふうれいかん)があり、古来福建に入る関門で、軍事上の要衝でもあり、「一夫関に当れば万夫も開くことのできない」天険として知られてきた。ことに仙霞関は長さ10キロメートル、石段360段、28曲がりの難所とされる。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙霞嶺の関連キーワード黄檗山賈似道日高山脈閩江福建省瑞金大別山脈長汀チンボラソ土楼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone