コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代謝性健康障害 タイシャセイケンコウショウガイ

1件 の用語解説(代謝性健康障害の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいしゃせい‐けんこうしょうがい〔‐ケンカウシヤウガイ〕【代謝性健康障害】

肥満に起因または関連して起こる健康障害のうち、BMIが25未満の場合の肥満症の診断基準に用いられるもの。耐糖能障害脂質異常症高血圧脂肪肝冠動脈疾患脳梗塞・肥満関連腎症・高尿酸血症痛風の八つ。BMIが25未満でも、腹囲が男性85センチ、女性90センチ以上で代謝性健康障害のうち一つ以上を合併していれば肥満症と診断される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代謝性健康障害の関連キーワードVDT障害職業病潜函病酒害起因突目胃切除後症候群蓄積的障害病的飢餓咽頭麻痺 (pharyngoplegia)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone