代金取立(読み)だいきんとりたて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代金取立
だいきんとりたて

金融機関が自店の取引先,自行の本支店,自店と為替取引契約のある他の金融機関から委託を受けて,為替手形,約束手形,小切手,配当金領収書,公社債の償還元金および利札,預金証書,旅館券などの債権を支払人に請求し,その代金を取立てることをいう。上記のような取立の目的物を総称して代金取立手形という。代金取立手形は目的物,支払地により普通代金取立手形,荷付為替手形,他所代金取立手形,当所代金取立手形などに区分される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android