コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮勘定 かりかんじょう suspense account

翻訳|suspense account

4件 の用語解説(仮勘定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮勘定
かりかんじょう
suspense account

企業会計上の勘定の一つ。簿記上の取引は発生したが,その時点では整理すべき勘定科目が判明しない場合,あるいは正当な勘定科目に記入すべき金額がいまだ不明な場合に一時的に処理する。仮受金勘定,仮払金勘定および未決算勘定がこれに属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かり‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【仮勘定】

簿記で、勘定科目や金額が未確定の場合に、とりあえず処理しておく勘定科目のこと。仮払金勘定・仮受金勘定など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かりかんじょう【仮勘定】

簿記で、勘定項目が不確定の取引や、金額が未確定な取引を暫定的に処理する目的で設けられる勘定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮勘定
かりかんじょう

取引が生じた際にどの勘定に記録してよいか未定である場合、あるいは、勘定科目は分かっていても金額が未確定である場合に一時的に記録される勘定をいう。
 たとえば、社員に対して出張旅費を概算額で前渡しした場合、勘定科目は確定しているが、社員が帰社して清算するまでは旅費の金額は確定できない。そこで、社員に前渡ししたときには、一時的に仮払金勘定に記録しておき、清算されて金額が確定した時点で、仮払金勘定から旅費交通費勘定に振り替える処理を行う。
 仮勘定は期末までに正しい勘定に振り替える必要があり、そのまま貸借対照表に計上することはできるだけ避けなければならない。[万代勝信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮勘定の関連キーワード決算商業簿記企業会計原則売掛金勘定企業会計基準主要簿公営事業会計益金・損金建設業会計行列簿記

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仮勘定の関連情報