コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮字本末 かなのもとすえ

3件 の用語解説(仮字本末の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮字本末
かなのもとすえ

伴信友著。嘉永3 (1850) 年門弟が刊行。かなの研究書。かなの沿革研究や神代文字の否定などですぐれた考えを出している。ひらがなの作者を空海,かたかなの作者を吉備真備としている点は訂正されなければならないが,総じて多くの文献に基づく実証的研究となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かなのもとすえ〔かなのもとすゑ〕【仮字本末】

江戸後期の語学書。2巻、付録1巻。伴信友(ばんのぶとも)著。嘉永3年(1850)刊。神代文字を否定し、仮名の起源と発展を探究・考証したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かなのもとすえ【仮字本末】

語学書。二巻、付録一巻。伴信友著。1850年刊。仮名の起源と沿革を記し、神代文字の存在を否定する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮字本末の関連キーワード本間遊清大倉鷲夫伴信近久世通理山田清安伴信友比古婆衣千葉県長生郡長生村信友是一(6代)長等の山風

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone