神代文字(読み)じんだいもじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神代文字
じんだいもじ

鎌倉時代中期以来しばしば,日本に漢字が渡来する以前から存在したと主張されてきた文字神字 (かんな) ともいう。特に江戸時代中期から国学者のなかにその存在を強く主張する者が多く現れた。対馬に伝わる日文 (ひふみ) を支持した,平田篤胤 (あつたね) の『神字日文伝』などが有名である。しかし,現在では,その存在は否定されていて,その多くは朝鮮のハングルをもとにして 15世紀以後つくられたものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じんだい‐もじ【神代文字】

日本で、漢字渡来以前に古くから用いられていたという文字。日文(ひふみ)天名地鎮(あないち)・阿比留(あひる)などがある。古来、神道家などの間にその存在が信じられてきたが、その多くは表音文字で、現在ではすべて後世の偽作とされる。江戸後期には、平田篤胤の「神字日文伝(しんじひふみでん)」(存在説)、伴信友の「仮字本末(かなのもとすえ)」(否定説)その他の論争があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

神代文字【じんだいもじ】

漢字渡来以前に日本で使用されたと称せられる文字。中世の神道家や江戸の国粋主義的国学者が主張した。しかしその例として示されたものは多くハングルを模した偽作であり,その存在は今日では否定されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんだいもじ【神代文字】

漢字の渡来および〈かな〉の成立に先だって,上古の日本にかつて行われたと称せられる文字。〈神字〉と書いて,〈かんな〉とも呼ぶ。そのような固有の文字が存在したとする説は,おそくとも室町時代から神道家の間にひろまっており,江戸時代においては,平田篤胤をはじめ国学者のうちに,その存在を主張する者が少なくなかった。一方,伴信友のように,それを否定する者もあって,議論が沸いたが,明治になって後は,学者としてその存在を信ずるものはほとんど影をひそめるにいたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じんだいもじ【神代文字】

漢字渡来以前、神代から日本にあったといわれる文字。日文ひふみ・天名地鎮あないち・阿比留あひる文字などの類。鎌倉時代、神道家がその存在を主張し、江戸中期に一部の国学者の間などで存在説が盛んにとなえられたが、現代ではそれらはいずれも後代の偽作として否定されている。神字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんだい‐もじ【神代文字】

〘名〙 日本で、漢字渡来以前の古代に用いられたと称される文字。日文(ひふみ)、天名地鎮(あないち)、阿比留(あひる)文字などの種類がある。これらは、古代の確実な遺例がなく、かつ、いろはがなの体系を出ないものであって、現今ではすべて後代の仮託のものとする。その存在を認める平田篤胤の「神字日文伝(しんじひふみでん)」、それを駁する伴信友の「仮字本末」その他の論がある。神字。神代字。
※国語のため(1895)〈上田万年〉言語学者としての新井白石「初めに支那文字の沿革を説き、次に日本に神代文字のあったことを説き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神代文字の言及

【仮名】より

…仮名創成以前に日本にも文字があったという説が鎌倉時代以降に現れ,江戸時代には,その実例と称するものも提出された。それを神代文字(じんだいもじ)という。しかし,その大部分は,朝鮮の京城で1443年に創案された朝鮮語の表音文字であるハングルに類似するものか,あるいは空想的な創作であるものが多い。…

※「神代文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android