コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲里陽史子 なかざと よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲里陽史子 なかざと-よしこ

1892-1946 大正-昭和時代前期の箏曲(そうきょく)家。
明治25年生まれ。伊波(いは)興厚に師事する。昭和15年大湾(おおわん)ユキらと「琉球(りゅうきゅう)箏曲工工四(くんくんしー)」を編集。琉球箏曲興陽会をつくり,後継者の育成につくす。20年満州(中国東北部)にわたり,21年8月2日引き揚げの途中死去。55歳。沖縄県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仲里陽史子の関連キーワード伊波 興厚大湾ユキ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android