企てる(読み)クワダテル

  • くわだ・てる〔くは〕

デジタル大辞泉の解説

[動タ下一][文]くはだ・つ[タ下二]をつま立てるの「くわた(翹)つ」から転じたもの。近世初期ごろまで「くわたつ」》計画を立てる。計画を試みる。または、実行しようとする。「乗っ取りを―・てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

下一 [文] タ下二 くはだ・つ
くはびら立つの略。室町時代まではくはたつと清音
事を始める前に、その手順を考えたり、整えたりする。もくろむ。たくらむ。企図する。計画する。 世界一周を-・てる 新しい分野への進出を-・てる 謀反を-・てる
足をつまだてる。 常に一の足を-・てたまへり/金光明最勝王経 平安初期点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

企てるの関連情報