コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小説神髄 しょうせつしんずい

6件 の用語解説(小説神髄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小説神髄
しょうせつしんずい

坪内逍遙の文学論。9冊。 1885~86年発表。その主張は,文学の自律性を説いて功利的文学観を退け,小説の主眼を第1に人情,第2に世態風俗のありのままを模写するにあるとした。戯作や勧善懲悪の文学の衰退を招き,尾崎紅葉らの写実派の台頭に影響を与えるなど,日本近代文学の黎明期における最初の理論書としての役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうせつしんずい〔セウセツシンズイ〕【小説神髄】

坪内逍遥文学理論書。2巻。明治18~19年(1885~1886)刊。近代文学最初の組織的文学論。心理観察と客観的態度の尊重を説いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小説神髄【しょうせつしんずい】

坪内逍遥の小説論。1885年―1886年刊行。上巻に文学理論,下巻に方法論を述べ,文学の独立的価値を主張し,小説における心理的写実主義を唱えた。日本近代最初の本格的文学論で,勧善懲悪的文学観を排して近代文学の成立に貢献,二葉亭四迷硯友(けんゆう)社の作家たち,さらに世代の下る自然主義の作家たちにまで大きな影響を与えた。
→関連項目当世書生気質

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせつしんずい【小説神髄】

坪内逍遥の小説論。1885‐86年刊。上巻は小説の原理論,下巻はその技法論を論じている。従来日本の小説は,戯作(げさく)の名のもとに漢詩文や和歌よりも品格の劣るものと見なされてきたが,これに対し文明社会では,文学の諸ジャンルの中でもっとも進化した形態とされ,芸術として重んじられていた。西洋におけるこうした小説の役割を基準に,日本の小説は改良されなければならないとして提唱されるのが,人情及び世態・風俗の模写,すなわち写実主義の理論である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうせつしんずい【小説神髄】

評論。坪内逍遥著。1885(明治18)~86年刊。近代小説の理論と方法論の書。文学の自律と芸術性について述べ写実を主張した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小説神髄
しょうせつしんずい

坪内逍遙(しょうよう)の小説論。1885年(明治18)9月~86年4月、松月堂刊。全9冊。86年5月、上下2巻の合本刊行。著者名坪内雄蔵。東京大学時代からの小説探求をイギリスの諸文献、『ブリタニカ』などから得た知識をもとに組織した日本最初の体系的小説論である。上巻は原理編。人知と文化の発達とともに発達してきた文学の頂点にたつ小説、その小説によって可能となる人間世界の観察、という基本認識を通し、小説の自立と必要を強調した。全5章の中心が「小説の主眼」。「人情」の模写を通して人生の因果の理法と人間界の構造を照出し、人生批評たらしめるという主旨は、近代小説の骨格をとらえている。下巻は技術編。文体、脚色、主人公論など6章。小説という虚構を描写の真実性で支える配慮が潜在している。日本近代小説展開の導因となったが、人間心理の描出をもって人間世界の深さを計ろうとする理論深度に、不変の意義がある。[中村 完]
『『現代日本文学大系1 坪内逍遙他集』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小説神髄の言及

【言文一致】より

…これを〈言文一致〉という名称で論じたのは,1886年物集高見(もずめたかみ)の著《言文一致》である。当時すでに,かなや,ローマ字の国字主張が盛んで,一方に三遊亭円朝の講談速記がもてはやされており,文章の方面でも同年に矢野文雄の《日本文体文字新論》,末松謙澄の《日本文章論》が出,文芸の上でも坪内逍遥の《小説神髄》など新思潮の動きが活発で,これらの情勢がようやくいわゆる言文一致体の小説を生んだ。1887‐88年ころあいついだ二葉亭四迷の《浮雲》,山田美妙の《夏木立》などがこれである。…

【小説】より

…清田儋叟(せいだたんそう)の《昭世盃》序(1765)は,そのはやいものの一つであるが,近代小説との関連では,馬琴が自作の中でたびたび言及している小説論が注目される。たとえば,〈蓋(けだし)小説は,よく人情を鑿(うがつ)をもて,見る人倦(あか)ず〉(《八犬伝》巻五)は,はるかに《小説神髄》の主張と呼応するところがある。しかし,架空の言に勧懲の意を寓するところに,馬琴が小説の効用を求めていたことはいうまでもない。…

【坪内逍遥】より

…1883年東大政治学科卒。在学中に《春風情話》(スコット原作)の翻訳を手がけるなど,西洋文学への関心をたかめていくうちに,東西の小説観の落差を自覚,85年から86年にかけて《小説神髄》を発表して,写実主義小説の路線を設定するとともに,文学の自律性を説いた。ついでその理論の応用編ともいうべき《当世書生気質(かたぎ)》(1885‐86)をはじめとして,《新磨(しんみがき) 妹と背かゞみ》《内地雑居 未来の夢》などの作品を公にするが,二葉亭四迷との邂逅(かいこう)をきっかけに,自己の創作方法に疑問をもつようになり,89年の《細君》を最後に小説の筆を折った。…

【風俗小説】より

…風俗描写に主眼を置いたとみられる小説。海外の文学にもその例は少なくないが,日本では坪内逍遥が《小説神髄》(1885‐86)に〈小説の主脳は人情なり,世態風俗これに次ぐ〉と唱えたことから風俗小説のあり方が問題とされる。なかでも中村光夫の《風俗小説論》(1950)は,その系統を小栗風葉の《青春》(1905‐06)あたりから探って,日本の近代小説のゆがみを指摘したものとして知られる。…

【文体】より


【大きな類型としての文体】
 日本語の文章論においては昔からさまざまの〈……体〉と呼ばれるような大きな文体類型が考えられていた。その典型的な例をあげてみるなら,たとえば坪内逍遥は《小説神髄》内の文体論において,文学的文体は〈雅文体〉〈俗文体〉〈雅俗折衷体〉の3類である(そして雅俗折衷体はさらに〈稗史体(はいしたい)〉と〈艸冊子体(くさぞうしたい)〉に分けられる)と説明していた。これは分類法の一例にすぎず,古来,さまざまの視点から,〈和文体〉〈漢文体〉〈和漢混淆体〉〈候文体〉〈美文体〉などと,おびただしい文体の類型が名づけられてきた。…

※「小説神髄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小説神髄の関連キーワード坪内逍遥演劇博物館風俗小説文芸協会勧懲小説坪内春廼舎朧新舞踊劇運動藤蔭静枝飯塚くに

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小説神髄の関連情報