企業統制(読み)キギョウトウセイ

  • きぎょうとうせい キゲフ‥
  • きぎょうとうせい〔キゲフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国家が権力を用いて計画的に企業の統制を行なうこと。戦時には国民経済を維持するために、国家独占資本主義の段階では独占利潤を確保するために行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の企業統制の言及

【統制経済】より

…それは実際には発動されなかったが,日本における戦時産業統制の最初の基本法規となった。その後,昭和恐慌下で国家の経済への介入は多分に不況対策的な契機によるものとなり,産業合理化運動のなかでも企業統制による一定の効果が期待された。1931年4月に制定された重要産業統制法は,この時期の典型的な統制法規であり,同時に制定された工業組合法とともに,強制カルテル化という独占的組織の強化によって不況の克服をはかろうとした。…

※「企業統制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android