コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹秀子 いたみ ひでこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹秀子 いたみ-ひでこ

1909-1995 大正-昭和時代の浪曲師。
明治42年10月14日生まれ。7歳のとき藤原朝子(ともこ)の名で初舞台。興行師永田貞雄と結婚。昭和9年2代天中軒雲月を襲名。評判の七色の声で「杉野兵曹長の妻」「九段の母」「瞼(まぶた)の母」などをヒットさせ,映画にもおおく出演した。22年伊丹秀子を芸名とした。平成7年10月28日死去。86歳。東京出身。本名はとめ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊丹秀子の関連キーワード広沢 駒蔵(3代目)筑波 武蔵(2代目)おもな浪花節の演目天中軒雲月(2代)永田 とよ子伊丹 秀子永田 貞雄昭和時代浪花節瞼の母

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android