藤原朝子(読み)ふじわらの ちょうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原朝子 ふじわらの-ちょうし

?-1166 平安時代後期の女官。
紀伊守(きいのかみ)藤原兼永の娘。藤原通憲(みちのり)(信西(しんぜい))の後妻待賢門院につかえ,大治(だいじ)2年(1127)雅仁(まさひと)親王(のちの後白河天皇)の乳母になる。保元(ほうげん)2年天皇即位の儀礼で八十島祭使(やそしままつりのつかい)をつとめ,4年従二位。通憲との間に藤原成範(なりのり),藤原脩範(ながのり)らをもうけた。永万2年1月10日死去。通称は紀(紀伊)二位,紀伊典侍。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android