実演(読み)じつえん

精選版 日本国語大辞典「実演」の解説

じつ‐えん【実演】

〘名〙
① 公衆の面前で実際に何かをやって見せること。「実演販売
※星を造る人(1922)〈稲垣足穂〉「久しく風聞のみあって、つひにその実演に接することができなかったのは」
② 役者などが、舞台に立って芝居などを実際に演じること。
※ダンテについて(1927)〈正宗白鳥〉二「現在の〈略〉知名の人物を、『神曲』の地獄中の罪人どものやうに取扱った演劇が今日実演されたらどうであらう」
③ 映画俳優や歌手などが舞台で劇を演じたり、歌を歌ったりして見せること。また、その公演。映画・テレビなどへの出演に対していう。
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉自序伝「本水使用の大立廻りなんかが活動写真で見たままの役者によって実演(ジツエン)される」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実演」の解説

じつ‐えん【実演】

[名](スル)
人前で実際にやってみせること。「料理の仕方を実演する」「実演販売」
俳優歌手舞台を演じたり歌ったりすること。映画・テレビ出演に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android