コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹造酒之助 いたみ みきのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹造酒之助 いたみ-みきのすけ

1821-1871 江戸時代後期の武士。
文政4年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士で尊攘(そんじょう)派として活躍。安政3年町奉行となり,文久3年勅旨奉行の件で長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩におもむく。元治(げんじ)元年禁門の変では御所の守備にあたったが,佐幕派策謀で帰藩閉門の命をうけた。明治2年大参事になるが,4年ふたたび禁固となり,同年6月5日死去。51歳。名は貞直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊丹造酒之助の関連キーワード廃藩置県日本科学史(年表)ファナリオテスバイロンマンゾーニ造船業マーシャルインターナショナル新教育高田藩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android