コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予緋かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

伊予緋かぶ

愛媛県、兵庫県などで生産されるカブ。偏球形で、表皮と茎まで赤く、「紅かぶら」とも呼ばれる。漬物に加工される。江戸時代から栽培されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

伊予緋かぶ[根菜・土物類]
いよひかぶ

四国地方、愛媛県の地域ブランド。
江戸時代初期の1627(寛永4)年、松山城主に転封された蒲生忠知が、故郷の近江国(現・滋賀県)の日野菜かぶを取り寄せたのが起源とする説がある。かぶの表皮と茎が赤いのが特徴。肉質は緻密で固く甘みに乏しいため、煮物には向かず漬物に適する。10月下旬から収穫される。橙酢を用いて、芯まで鮮赤色に染まった緋かぶら漬けがつくられる。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

伊予緋かぶの関連キーワード四国地方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊予緋かぶの関連情報