コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊井直行 いい なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊井直行 いい-なおゆき

1953- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和28年9月1日生まれ。昭和58年みずみずしいメルヘン調の作品「草のかんむり」が群像新人文学賞をうけ,芥川賞候補にもなる。平成元年「さして重要でない一日」で野間文芸新人賞。6年「進化の時計」で平林たい子文学賞。13年「濁った激流にかかる橋」で読売文学賞。15年東海大教授。宮崎県出身。慶大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊井直行の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊井直行の関連情報