平林たい子文学賞

デジタル大辞泉プラスの解説

平林たい子文学賞

女流プロレタリア作家として知られた平林たい子の没後、その遺志により創設された文学賞。平林たい子記念文学会が主催。小説・評論の2部門がある。1973年発表の第1回受賞作(小説部門)は耕治人「この世に招かれてきた客」。評論部門は竹西寛子式子内親王・永福門院」、山室静「山室静著作集」の2作。第25回で終了。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平林たい子文学賞の関連情報