コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊具四郎 いぐ しろう

1件 の用語解説(伊具四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊具四郎 いぐ-しろう

?-1258 鎌倉時代の武士。
「吾妻鏡」によれば,正嘉(しょうか)2年8月16日鎌倉鶴ケ岡八幡宮での流鏑馬(やぶさめ)に参列した帰途,建長寺前で諏訪刑部(ぎょうぶ)左衛門入道に毒矢で射殺される。諏訪の旧領が恩賞として四郎にあたえられたための犯行とされ,諏訪はさらし首となった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊具四郎の関連キーワードアラブ文学アッバース朝西アジア史アラビア書道イルハン国オスマン興国寺バグダッド旭烈兀妙源寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone