毒矢(読み)ドクヤ

世界大百科事典 第2版の解説

どくや【毒矢】

鏃(やじり)に毒物を塗った矢をいい,現在でも一部の狩猟民の間で,獲物の捕殺用に使われている。かつては戦闘用の武器としても用いられ,ラテン・アメリカ,アフリカを訪れた探検家や〈征服者〉が最も恐れたのは,かすかな風切り音とともに突如飛来する,この毒矢であった。ギリシア語では弓矢をトクソンtoxonというが,その中性の形容詞形トクシコンtoxikonは,すでに古代ギリシアにおいて〈矢毒〉の意味で用いられており,毒矢の歴史の古さを示している(ドイツ語で〈毒〉を意味するトクシクムToxikumも,この語に由来)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どく‐や【毒矢】

〘名〙
① 鏃(やじり)に毒を塗った矢。毒箭。どくし。
※氏郷記(17C中‐後か)下「此時毒矢を射させんとて、夷人を少々召連られ」
② 転じて、人を傷つけることばや態度のたとえ。
※名張少女(1905)〈田山花袋〉四「投げるやうに夫は言った。その毒矢に烈しく貫かれたのは、私の胸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の毒矢の言及

【採集狩猟文化】より

… 後期旧石器時代の末には弓矢というまったく新しい武器が発明され,中石器時代をつうじて世界中に普及した。弓矢の普及とともに毒矢の使用も始まったと考えられる。槍とちがって,弓矢はより遠くから正確にかつ高速で獲物を射ることができるが,破壊力は小さく,したがって毒矢を併用することによってはじめて,狩猟効率を高めることができたからである。…

【毒】より

…シャーマンや呪術師,妖術師によって使われる〈毒〉は,つねに目に見えるとは限らない。部族社会での病気あるいははしばしば彼らによって〈毒〉を盛られたとの解釈をもたらすが,この場合の〈毒〉は目に見えぬ毒矢や毒虫(ヘビやサソリなど)による攻撃,さらには言葉自体の中に〈毒〉を含む(呪詛(じゆそ))とさえ考えられ,説明される。呪術,妖術による〈毒〉はしばしば呪薬としてみられる。…

※「毒矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android