コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参宮 サングウ

3件 の用語解説(参宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぐう【参宮】

[名](スル)神宮、特に伊勢の皇大神宮に参拝すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんぐう【参宮】

三重の日本酒。酒名は、所在地が伊勢に通じる宿場町だったことに由来。大吟醸酒純米大吟醸酒、純米酒などがある。平成4、10~16年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石うこん錦仕込み水は香落渓(かおちだに)の湧水。蔵元の「澤佐酒造」は寛政5年(1793)創業。所在地は名張市夏見。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんぐう【参宮】

( 名 ) スル
神社、特に伊勢神宮に参拝すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の参宮の言及

【参詣記・参宮記】より

…社寺へ参り詣でたときの記録。参詣は社寺に参り詣でること,参宮は宮に参ることであるが,ことに参宮の語は中世以降伊勢の神宮に参る場合に限って用いられている。社寺の由緒,沿革より,社殿・伽藍の説明,途中の紀行を記したものもあり,宗教史上,歴史上,文芸上すぐれたものがある。…

※「参宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

参宮の関連キーワードおかげさま俳聖芭蕉伊勢旭伊勢娘清鏡酒田錦笹の世三重錦御山杉八重の露

参宮の関連情報