伊勢笠付(読み)いせかさづけ

世界大百科事典 第2版の解説

いせかさづけ【伊勢笠付】

雑俳様式。伊勢山田で毎冬夜会即点で行われた笠付一種伊勢派俳諧で句作りの練習法として考案され,1716年(享保1)ごろから行われ,樗良(ちよら)なども参加した。当初は4字の名詞題に助詞1字と12字を付ける〈寒声―の足まで潮が満ちて来る〉(《二重袋》)のような形であったが,寛政(1789‐1801)ごろから字数にかまわぬ長題が出され,〈退屈をした所へ―お茶漬などといふて来る〉(寛政10年の会所本)のように変わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android