退屈(読み)タイクツ

デジタル大辞泉の解説

たい‐くつ【退屈】

[名・形動](スル)
することがなくて、時間をもてあますこと。また、そのさま。「散歩をして退屈をまぎらす」「読む本がなくて退屈する」
飽き飽きして嫌けがさすこと。また、そのさま。「退屈な話」「退屈な人」
疲れて嫌になること。
「呪咀(じゅそ)することの及ばぬとて、かの后たち―し給ふ」〈伽・熊野の御本地〉
困難にぶつかってしりごみすること。
「聞きしにもなほ過ぎたれば、官軍御方(みかた)を顧りみて、―してぞ覚えける」〈太平記・一六〉
仏語。修行の苦難に負け、精進の気をなくすこと。
[派生]たいくつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいくつ【退屈】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
何もすることがなく暇をもてあます・こと(さま)。 「 -をまぎらす」 「 -な日々」
飽きること。つまらないこと。いやになること。また、そのさま。 「 -な講義」 「人生に-する」
疲れていやになること。 「寄手の兵多くは-してぞ見えたりける/太平記 7
困難におそれしりぞくこと。 「海上の兵船、陸地の大勢… 聞きしにも猶過ぎたれば… -してぞ覚えける/太平記 16
〘仏〙 修行の苦しさや困難さに、精進努力の心を失うこと。 〔
が原義〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退屈の関連情報