コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退屈 タイクツ

2件 の用語解説(退屈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐くつ【退屈】

[名・形動](スル)
することがなくて、時間をもてあますこと。また、そのさま。「散歩をして退屈をまぎらす」「読む本がなくて退屈する」
飽き飽きして嫌けがさすこと。また、そのさま。「退屈な話」「退屈な人」
疲れて嫌になること。
「呪咀(じゅそ)することの及ばぬとて、かの后たち―し給ふ」〈伽・熊野の御本地〉
困難にぶつかってしりごみすること。
「聞きしにもなほ過ぎたれば、官軍御方(みかた)を顧りみて、―してぞ覚えける」〈太平記・一六〉
仏語。修行の苦難に負け、精進の気をなくすこと。
[派生]たいくつさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいくつ【退屈】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
何もすることがなく暇をもてあます・こと(さま)。 「 -をまぎらす」 「 -な日々」
飽きること。つまらないこと。いやになること。また、そのさま。 「 -な講義」 「人生に-する」
疲れていやになること。 「寄手の兵多くは-してぞ見えたりける/太平記 7
困難におそれしりぞくこと。 「海上の兵船、陸地の大勢… 聞きしにも猶過ぎたれば… -してぞ覚えける/太平記 16
〘仏〙 修行の苦しさや困難さに、精進努力の心を失うこと。 〔 が原義〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

退屈の関連キーワード洒脱純潔信実貧乏変易無分別枯渇手透き手持無沙汰卑俗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

退屈の関連情報