コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樗良 チョラ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょら【樗良】

1729‐80(享保14‐安永9)
江戸中期の俳人。姓は三浦,名は元克。別に無為庵などと号する。志摩国鳥羽の人。はじめ貞門系の百雄に学んだが,次第に伊勢派に近づき,伊勢笠付(かさづけ)の点業にも携わった。1759年(宝暦9)南紀に旅して《白頭鴉(しらががらす)》を編み,60年加賀,61年は再び南紀に在って《ふたまた川》を編した。62年には伊勢山田に庵を結び,門下を擁して《我庵》(1767)に自風の確立を示す。既白,闌更らと往来し合い,71年(明和8)にも信濃から加越を巡って《石をあるじ》を編み,翌年は播磨に青蘿を訪ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樗良
ちょら

三浦樗良」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樗良
ちょら
(1729―1780)

江戸中期の俳人。本名三浦元克(もとかつ)、通称勘兵衛、別号に無為庵(むいあん)など。志摩国(三重県)鳥羽(とば)の生まれ。俳諧(はいかい)は紀州長島(現三重県紀北町)の百雄(ひゃくゆう)に学び、34歳のときには伊勢山田(いせやまだ)に無為庵を結んで俳諧撰集(はいかいせんしゅう)『我庵(わがいお)』を編んだ。その後、紀伊、江戸、北越、京都など各地を転々としつつ、蕪村(ぶそん)、青蘿(せいら)、暁台(きょうたい)、闌更(らんこう)らと風交を重ね、華々しい活動をみせた。世事にかかわらず、功利に超越した人物で、その恬淡(てんたん)・奔放な性格が世人の反感を買うところもあったらしい。作風はその人柄を反映して、平明だが詩韻に富み、また和歌的な「あはれ」を体得している。編著に『白頭鴉(しらががらす)』『月の夜』、また『樗良発句集』などがある。伊勢に没し、墓は山田の寿巌院にある。[堀切 實]
 心地よや扇投げこむ淵(ふち)の色
『島居清著「三浦樗良」(『俳句講座3』所収・1959・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

樗良の関連キーワード俳句(文学)蕪村七部集西村定雅中興俳諧蘭台上人七部集水無月天明調蕪村糸柳水飯蘭台初雁

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android