伊勢遷宮(読み)いせせんぐう

精選版 日本国語大辞典の解説

いせ‐せんぐう【伊勢遷宮】

〘名〙 伊勢神宮で、内宮、外宮ともに二〇年目ごとに新造して、その年の九月一六日に神座を奉遷する祭儀。種々の儀式が行なわれる。正遷宮(せいせんぐう)。《季・秋》
※中右記‐寛治七年(1096)一二月二五日「但大夫并右中弁師頼朝臣不行香、是依伊勢遷宮行事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android