コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊吹正健 いぶき まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊吹正健 いぶき-まさよし

1837-1890 幕末-明治時代の武士,神職。
天保(てんぽう)8年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。文久3年河田景与(かげとも)らと京都本圀(ほんこく)寺の宿舎を襲撃,藩内守旧派の側用人(そばようにん)黒部権之介(ごんのすけ)らを殺害した。維新後,鳥取藩(県)勤務,米子中学校長をへて,宇倍(うべ)神社,大神山(おおがみやま)神社の宮司(ぐうじ)をつとめた。明治23年8月21日死去。54歳。通称は勘右衛門(かんえもん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊吹正健の関連キーワード伊吹勘右衛門明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android