コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊庭軍兵衛 いば ぐんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊庭軍兵衛 いば-ぐんべえ

1811-1858 江戸時代後期の剣術家。
文化8年生まれ。心形刀(しんぎょうとう)流7代伊庭軍兵衛秀淵(ひでなみ)の養子となり,宗家(8代)をつぎ,同流中興の名剣士といわれる。老中水野忠邦(ただくに)の推挙で書院番士に登用されたが,忠邦失脚後に職を辞し,江戸下谷(したや)の道場で門弟教育に専念した。なお,2代秀康,3代直保,5代秀矩,9代秀俊も軍兵衛を称した。安政5年8月13日コレラで病死。48歳(49歳とも)。本姓は三橋。名は秀業(ひでなり)。剣号は常同子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊庭軍兵衛
いばぐんべえ
(1807―1858)

剣術の心形刀(しんぎょうとう)流宗家8代で同流中興の名剣士。名は秀業(ひでなり)、常同子(じょうどうし)と号す。本姓は三橋銅四郎。7代目秀淵(ひでなみ)の門に入り、その剣才を認められて養子となり、老中水野忠邦(ただくに)の推挙で御書院番士に登用されたが、水野の失脚後は職を辞して、下谷(したや)長者町の道場で門弟の育成に専念し、千葉、斎藤、桃井(もものい)と並んで江戸の四大道場の一つに数えられた。講武所の開設にあたり、出仕を命ぜられたが固辞し、養子の惣太郎(垪和(はが)氏)、甥(おい)の三橋虎蔵(とらぞう)、湊(みなと)信八郎(ともに兄の子)を出仕させた。のち惣太郎は家督を継ぎ、9代軍兵衛秀俊(ひでとし)を称し、教授方から剣術師範役に進んだ。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊庭軍兵衛の関連キーワード伊庭想太郎大野 誠伊庭八郎柳剛流大野誠剣道

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android