桃井(読み)もものい

精選版 日本国語大辞典の解説

もものい もものゐ【桃井】

姓氏の一つ。清和源氏足利流。足利義兼の四男義胤が祖。足利頼氏が上野国桃井郷に居住し、桃井氏を称した。南北朝内乱には一族が分裂し、南朝に属した系統は足利氏に討たれ衰退。一方、足利氏に従った一族は御供衆となって室町幕府で活躍した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃井の関連情報