コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心形刀流 しんけいとうりゅう

大辞林 第三版の解説

しんけいとうりゅう【心形刀流】

〔「しんぎょうとうりゅう」とも〕
剣術の一派。伊庭いば是水軒秀明が柳生流・本心流を学び、天和(1681~1684)頃創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

心形刀流(しんぎょうとうりゅう)

剣術の流派のひとつ。江戸時代前期、信州出身で本心刀流を修めた伊庭(いば)是水軒秀明が創始し、江戸に道場を構えた。幕末に隆盛期を迎え、江戸三大道場とうたわれた玄武館(北辰一刀流)、練兵館(神道無念流)、士学館(鏡新明智流)に次ぐ人気を誇った。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心形刀流
しんぎょうとうりゅう

近世剣術の一流派、流祖は伊庭是水軒秀明(いばぜすいけんひであき)(1649―1713)。秀明は信州の産で、通称は惣左衛門(想左衛門)(そうざえもん)、剣号(表徳号(ひょうとくごう))を常吟子(じょうぎんし)という。性撃剣を好み、初め柳生新陰(やぎゅうしんかげ)流を学び、のち江戸で武蔵(むさし)流の二刀を修めたという。壮年、廻国(かいこく)修行に出て、上州路で安藤不睡(ぶすい)に一刀流を、ついで濃州で本心刀(ほんしんとう)流を志賀十郎兵衛秀則(ひでのり)(如見斎(じょけんさい)・常理子)に学んだ。とくにこの本心刀流に強くひかれ、志賀の師大藤(おおとう)弥次右衛門秀成を京都に訪ね、さらに大藤の紹介で、その師妻形謙寿斎貞明(めがたけんじゅさいさだあき)を大和(やまと)の山中に訪(と)い、ついにその奥旨を究め、1681年(天和1)三者連名の印可状を与えられた。翌82年江戸へ戻り、下谷御徒町(したやおかちまち)に道場を開き、本心刀流を中心にその他の諸流をあわせて、心形刀流を唱えた。2代軍兵衛秀康(常全子)は秀明の長子で、父の業を継いで盛んに門弟を取り立て、流儀の体系を整し、形を正しくし心を剛直にするくふうが肝要であると説いた。また宗家の相続はかならずしも実子に限らず、門人中より技術・人物の優秀な者を選んで相続させることを家憲とした。3代軍兵衛直保(常備子)、5代軍兵衛秀矩(常明子)、6代八郎次秀長(常球子)、8代軍兵衛秀業(常同子)はいずれも養子または聟(むこ)養子であった。この8代秀業は本姓三橋銅四郎(みつはしどうしろう)、いわば伊庭家中興の名剣士で、下谷の伊庭道場はふたたび活況を呈し、世人から千葉・斎藤・桃井のそれと並んで、江戸の四大道場とよばれた。天保(てんぽう)の改革の際、老中水野忠邦(ただくに)にその剛直さを認められ御書院番に登用された。水野の失脚で辞職し、1856年(安政3)講武所開設のときも出仕を固辞したが、養子の惣太郎秀俊、兄の子三橋虎蔵(みつはしとらぞう)、湊信八郎(みなとしんぱちろう)の3人を教授方として出仕させ、伊庭道場の実力を示した。9代軍兵衛を継いだ秀俊(常心子)は垪和(はが)氏からの養子で、教授方から師範役、さらに奥詰・遊撃隊頭取に進んだ。秀俊の養子で、遊撃隊長として豪勇をうたわれ、五稜郭(ごりょうかく)で戦死した八郎(八郎治秀穎)は、実は秀業の次男である。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

心形刀流の関連キーワード松浦静山(まつらせいざん)岡田惣右衛門伊庭想太郎伊庭軍兵衛松浦静山伊庭八郎柳生流天和剣道剣攷一派

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android