コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊形大朴 いがた たいぼく

1件 の用語解説(伊形大朴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊形大朴 いがた-たいぼく

1756-1782 江戸時代中期の漢詩人。
宝暦6年生まれ。伊形霊雨の弟。藪孤山(やぶ-こざん)のすすめで郷里肥後熊本藩の藩校時習館にまなぶ。肥前平戸藩(長崎県)に赴任するやさきの天明2年9月病没した。27歳。名は淳。通称は伊作。号は太朴ともかく。著作に「大朴詩稿」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊形大朴の関連キーワードフェイト竹田出雲(2代)ブラック瀬川菊之丞天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学八ツ場ダムの6都県の負担金石鎚山脈

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone