コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東四朗 いとう しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東四朗 いとう-しろう

1937- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和12年6月15日生まれ。東京の浅草軽演劇の役者をへて昭和37年てんぷくトリオに参加し,テレビの「九ちゃん」「てなもんや三度笠」などで人気をえる。トリオ解散後は「電線音頭」をうたってヒットさせ,テレビドラマ,映画でシリアスな役も演じる。東京出身。市ケ谷商卒。本名は伊藤輝男。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

伊東 四朗


芸名
伊東 四朗

性別
男性

生年月日
1937/06/15

星座
ふたご座

干支
丑年

血液型
O

出身地
東京都

身長
166cm

体重
73kg

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1962年に三波伸介戸塚睦夫と「てんぷくトリオ」を結成し一躍人気者に。トリオ解散後もバラエティ番組などを中心に活躍。小松政夫との共演が話題になり、テレビ朝日『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』での親子コントや「電線音頭」などで人気を博した。1983年、NHK『連続テレビ小説「おしん」』の父親役に抜擢され、シリアスな演技もできる俳優としての評価も得、活動の場を大きく広げる。映画・テレビドラマ・舞台にと多方面で活躍する。喜劇・軽演劇の舞台役者としても有名。

代表作品
映画『ミンボーの女』 / 日本テレビ『伊東家の食卓』 / 映画『THE有頂天ホテル』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

伊東四朗の関連キーワードドクターX~外科医・大門未知子~ドラマスペシャル 暴れん坊将軍しゃべれども しゃべれども異議あり!女弁護士大岡法江PS羅生門 警視庁東都署コメディーお江戸でござる日本海大海戦 海ゆかばきのうの敵は今日も敵俺っちのウエディング笑って笑って60分三波 伸介(初代)はいすくーる落書2戸塚ヨットスクール笑ゥせぇるすまん「明日があるさ」熱血!周作がゆくはいすくーる落書ザ・チャンス!逮捕しちゃうぞ犬とボクの日日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊東四朗の関連情報