三度笠(読み)さんどがさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三度笠
さんどがさ

一種。貞享年間 (1684~88) 頃に初めて三度飛脚が用いたことから,この名がある。一名大深 (おおぶか) ともいい,本来,女性用で顔の隠れるほど深いものであったが,文化年間 (1804~18) 頃にはもっぱら男笠として用いられた。また,寛延宝暦年間 (1748~64) 頃には大型で浅い笠も用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三度笠【さんどがさ】

菅笠(すげがさ)の一種。江戸時代三度飛脚が用いたのでこの名がある。初めて用いられたのは貞享年間(1684年―1688年)といわれ,寛延・宝暦(1748年―1764年)ころのものは大型の浅い菅笠であったが,天保・嘉永(1830年―1854年)ころには大深(おおぶか)とも呼ばれる深いものが用いられた。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんどがさ【三度笠】

菅笠(すげがさ)の一種。江戸時代に三度飛脚が用いたのでこの名がある。はじめて三度笠が用いられたのは貞享年間(1684‐88)といわれ,寛延・宝暦(1748‐64)ころのものは女笠に似て大型の浅い菅笠であったが,天保・嘉永(1830‐54)ころに用いられたものは饅頭笠(まんじゆうがさ)に似てかぶる度のきわめて深い菅笠で,一名,大深(おおぶか)とも呼ばれた。そのかぶる度を深くするのは,誤って落馬したときに顔面にきずを受けない用心とも,また風やほこりを防ぐ必要からともいわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんどがさ【三度笠】

菅笠の一。深く顔をおおう笠。三度飛脚が用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三度笠
さんどがさ

菅笠(すげがさ)の一種。貞享(じょうきょう)(1684~88)のころに三度飛脚が用い始めたのでこの名がある。饅頭(まんじゅう)形で深く顔を隠すようにつくられたもので、これは落馬したときに顔を傷つけないようにとも、四季の風を防ぐためともいわれる。文化(ぶんか)年間(1804~18)以前は、おもに旅商人が道中笠として盛んにこれを用いたが、以後しだいに廃れ、擂鉢(すりばち)形の菅笠を用いるようになり、三度笠は飛脚宰領が用いるだけとなった。[片岸博子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三度笠の言及

【笠】より

…形の上から平笠,尖(とがり)笠,褄折(つまおり)笠,桔梗(ききよう)笠などがあり,用途上から雨笠,陽笠,祭りや踊りに用いる花笠,戦陣で下級武士のかぶった陣笠や騎射に用いた騎射笠などと呼ばれるものがあった。着用者別には市女笠,三度飛脚の三度笠,六部笠,女笠など,また,韮山(にらやま)代官江川太郎左衛門がつくったといわれる韮山笠や加賀笠のように地名を冠したもの,吉弥笠など人名にちなむものもあった(図)。
[笠の材料・形・製法]
 笠の材料は,イグサ,スゲ,カヤ,稲わらや麦わらの茎,ヒノキ,松,杉,竹の削片,さらにシュロ皮,布,紙,獣皮などが用いられる。…

※「三度笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三度笠の関連情報