コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐実 いとう すけざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐実 いとう-すけざね

1644-1723 江戸時代前期-中期の大名。
寛永21年1月28日生まれ。伊東祐久の4男。兄祐由(すけみち)の跡をつぎ,寛文元年日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家5代となる。延宝3年半世紀におよぶ島津氏との境界争いに勝訴。貞享(じょうきょう)3年藩特産の飫肥杉搬送のため油津(あぶらつ)港に通じる堀川運河をひらき,元禄(げんろく)6年飫肥城の大改築をおこなった。享保(きょうほう)8年9月18日死去。80歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊東祐実の言及

【飫肥藩】より

…日向国那珂郡飫肥に藩庁を置いた外様小藩。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州出兵後,伊東祐兵(すけたか)が那珂・宮崎両郡に高2万8000石を給されたのが藩の興りである。2代祐慶(すけのり)のときに5万7086石の検地高をみたが,その後2度の分知があって総高5万1000石の石高が確定した。5代祐実は,1684年(貞享1)の地震によって被害をうけた飫肥城の修築,郷士制の制定,士農に対する盆踊の公認など果敢な政策を実施し,藩中興の主に位置づけられる。…

※「伊東祐実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊東祐実の関連キーワード伊東祐永

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android