コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐久 いとう すけひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐久 いとう-すけひさ

1609-1657 江戸時代前期の大名。
慶長14年7月10日生まれ。伊東祐慶(すけのり)の子。寛永13年日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家3代となり,弟祐豊に3000石を分与。島原の乱に出陣し天草の富岡城をまもる。17年清武地域に灌漑(かんがい)用水路を建設し,慶安3年外ノ浦に防波堤をきずいた。明暦3年10月27日死去。49歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東祐久の関連キーワード国貞(初代)内田満寿子伊東祐実伊東祐由

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android