コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐久 いとう すけひさ

1件 の用語解説(伊東祐久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐久 いとう-すけひさ

1609-1657 江戸時代前期の大名。
慶長14年7月10日生まれ。伊東祐慶(すけのり)の子。寛永13年日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家3代となり,弟祐豊に3000石を分与。島原の乱に出陣し天草の富岡城をまもる。17年清武地域に灌漑(かんがい)用水路を建設し,慶安3年外ノ浦防波堤をきずいた。明暦3年10月27日死去。49歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東祐久の関連キーワード火消カブラル徳川氏マルケスオランダ美術地質学幡随院長兵衛幡随院長兵衛江戸ラムサール条約

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone