コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東禎蔵 いとう ていぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東禎蔵 いとう-ていぞう

1836-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。奇兵隊にくわわり,第2次幕長戦争のとき,幕府軍と豊前(ぶぜん)太貫山(福岡県)でたたかい,慶応2年8月21日戦死。31歳。名は祐久。姓は伊藤,通称は貞蔵ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東禎蔵の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)浜田藩プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争郡内騒動天保の飢饉薩埵徳軒タルカットニコライ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone