伊東 深水(読み)イトウ シンスイ

20世紀日本人名事典の解説

伊東 深水
イトウ シンスイ

昭和期の日本画家,木版画家



生年
明治31(1898)年2月4日

没年
昭和47(1972)年5月8日

出生地
東京・深川西森下町

本名
伊東 一(イトウ ハジメ)

別名
別号=此君汀

学歴〔年〕
深川実業卒

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和22年〕「対鏡」

経歴
明治44年鏑木清方に入門。巽画会、院展、文展などに出品、大正4年文展に初入選。5年新版画運動に参加。この頃から新聞、雑誌の挿絵、口絵の仕事をしながら創作版画「新美人十二姿」も発表。11年の平和博覧会出品の「指」、13年の清方塾展「湯気」が好評を博した。昭和初期には帝展で審査員を務め、「羽子の音」「雪の夜」「秋晴れ」「淨晨」などを発表した。戦後は日展を中心に「銀河祭り」「聞香」を、22年第3回日展の「対鏡」が日本芸術院賞受賞。25年日月社を結成。33年日本芸術院会員。美人画の巨匠として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊東 深水 (いとう しんすい)

生年月日:1898年2月4日
大正時代;昭和時代の日本画家;木版画家
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊東 深水の関連情報