湯気(読み)ゆげ

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐げ【湯気】

〘名〙
① 湯や熱い食物などから立ち上る水蒸気。いげ。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉二七「湯気(ユゲ)の籠った狭い銭湯の中で」
② 水・氷などから立ち上る水蒸気。
※応永本論語抄(1420)公冶長第五「春は千草万木湯気を得て生長す」
※俳諧・俳諧新選(1773)四「寒菊や湯気たつ水の朝ぼらけ〈李流〉」

ゆ‐け【湯気】

〘名〙
① 入浴のとき起こる脳貧血。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐げ【湯気】

温かいものから立ち上る水蒸気が空気中で冷えて白く見えるもの。「湯気が立つ」

ゆ‐け【湯気】

入浴のときに起こる軽い脳貧血

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android