湯気(読み)ユケ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐け【湯気】

入浴のときに起こる軽い脳貧血

ゆ‐げ【湯気】

温かいものから立ち上る水蒸気が空気中で冷えて白く見えるもの。「湯気が立つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆけ【湯気】

入浴時に起こる脳貧血。
ゆげ。
[句項目] 湯気にあたる

ゆげ【湯気】

湯などから立ちのぼる水蒸気が冷えて微細な水滴となり、それが集まって煙のように見えるもの。 「 -が立ちのぼる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐け【湯気】

〘名〙
入浴のとき起こる脳貧血。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

ゆ‐げ【湯気】

〘名〙
① 湯や熱い食物などから立ち上る水気。いげ。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉二七「湯気(ユゲ)の籠った狭い銭湯の中で」
② 水・氷などから立ち上る水蒸気。
※応永本論語抄(1420)公冶長第五「春は千草万木湯気を得て生長す」
※俳諧・俳諧新選(1773)四「寒菊や湯気たつ水の朝ぼらけ〈李流〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯気の関連情報