聞香(読み)ぶんこう

精選版 日本国語大辞典「聞香」の解説

ぶん‐こう ‥カウ【聞香】

〙 かおりをかぐこと。また、をきくこと。ききこう。もんこう。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「殊に(ブンカウ)の業は欧米人の間にも伝称せられ」 〔曹丕‐与朝臣論秔稲書〕

きき‐こう ‥カウ【聞香】

〘名〙 香道で、香のかおりをかいでその種類を当て、あるいは異同を判別すること。また、香をかぐこと。ぶんこう。もんこう。

もん‐こう ‥カウ【聞香】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「聞香」の解説

きき‐こう〔‐カウ〕【聞(き)香】

香をかぐこと。香をかいでその種類を当てること。ぶんこう。もんこう。

ぶん‐こう〔‐カウ〕【聞香】

聞き香」に同じ。

もん‐こう〔‐カウ〕【聞香】

聞き香」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の聞香の言及

【香】より

…調合した香を袋に入れ,柱に掛けて装飾をも兼ねれば掛香,薬玉(くすだま),訶梨勒(かりろく)となり,懐中にすれば匂袋である。翫香は実用性を脱して趣味性,審美性に徹したもので一木の沈香木を心ゆくまで賞翫する一炷(いつちゆう)聞,文学的美意識と結合した組香による聞香(もんこう)を生み出し,日本独自の佳薫の芸道を成立させた。 茶道においては炭手前に香を炷(た)くが,これは心身を清め,席中の炭の臭気や,空気を浄化するためで(空香),風炉には香木を,炉には練香を用いる。…

※「聞香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android