コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊王野坦 いおうの ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊王野坦 いおうの-ひろし

1814-1883 幕末-明治時代の蘭学者。
文化11年生まれ。江戸の箕作阮甫(みつくり-げんぽ),大坂の緒方洪庵(こうあん)にまなぶ。大坂で結婚,一時青木浩斎と名のる。安政3年郷里の伯耆(ほうき)(鳥取県)にかえって鳥取藩の周旋方などをつとめる。明治元年丹後(京都府)久美浜県知事。明治16年11月12日死去。70歳。本姓は田中。通称は平六,次郎左衛門。名は「たいら」ともよむ。訳書にフーフェラント「察病亀鑑」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊王野坦の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎冒険小説アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)奈破崙

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone