コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊王野坦 いおうの ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊王野坦 いおうの-ひろし

1814-1883 幕末-明治時代の蘭学者。
文化11年生まれ。江戸の箕作阮甫(みつくり-げんぽ),大坂緒方洪庵(こうあん)にまなぶ。大坂で結婚,一時青木浩斎と名のる。安政3年郷里の伯耆(ほうき)(鳥取県)にかえって鳥取藩の周旋方などをつとめる。明治元年丹後(京都府)久美浜県知事。明治16年11月12日死去。70歳。本姓は田中。通称は平六,次郎左衛門。名は「たいら」ともよむ。訳書にフーフェラント「察病亀鑑」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊王野坦の関連キーワードフーフェランド蘭学者

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android