伊舟城源一郎(読み)いばらき げんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊舟城源一郎 いばらき-げんいちろう

1830-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。文久2年(1862)藩主に随行して京都へいき,他藩尊攘(そんじょう)派とまじわる。元治(げんじ)元年帰国するが,千種(ちぐさ)家の雑掌(ざっしょう)賀川肇(かがわ-はじめ)らを暗殺したことが発覚して藩に捕らえられ,12月26日処刑された。35歳。名は致美。通称ははじめ宗一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊舟城源一郎

没年:元治1.12.26(1865.1.23)
生年天保1(1830)
幕末の姫路藩士。文久2(1862)年上洛。長州(萩),水戸の志士と交流し尊王攘夷運動に参加,賀川肇暗殺事件に関与した。元治1(1864)年帰藩。事件が発覚し,罪を問われて斬に処せられた。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android