コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千種 ちくさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千種
ちくさ

兵庫県中西部,宍粟市西部の旧町域。千種川上流域にあり,岡山県と鳥取県に接する。 1960年町制。 2005年山崎町,一宮町,波賀町の3町と合体して宍粟市となった。大半が山地で,平坦地は中央部を南に流れる千種川の沿岸に限られ,若干の米作と林業が行なわれる。明治以前までは千種砂鉄の産地として知られた。北西部の後山,三室山一帯は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちくさ【千種】[地名]

名古屋市東部の区名。昭和12年(1937)区制。同30年猪高(いだか)村を編入、同50年東部を名東区として分区。

ちくさ【千種】[姓氏]

《「ちぐさ」とも》姓氏の一。
[補説]「千種」姓の人物
千種有功(ちくさありこと)
千種忠顕(ちくさただあき)

ち‐ぐさ【千種】

[名・形動ナリ]《「ちくさ」とも》種類が多いこと。また、そのさま。いろいろ。種々(しゅじゅ)。
「秋の野に乱れて咲ける花の色の―に物を思ふころかな」〈古今・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千種 ちくさ

?-? 室町時代の能面師。
家は代々大和(奈良県)で鼓胴づくりを業とする。世阿弥(ぜあみ)の「申楽(さるがく)談儀」にその名がみえる。仮面六作のひとりで,男面にすぐれる。千草ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくさ【千種】

( 名 ・形動ナリ )
〔「ちぐさ」とも〕
種類が多い・こと(さま)。いろいろ。種々。 「秋の野にみだれて咲ける花の色の-にものを思ふころかな/古今 恋二

ちぐさ【千種】

姓氏の一。

ちぐさ【千種】

室町初期の能面作者。世阿弥と同時代の名工。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千種
ちくさ

兵庫県西部、宍粟(しそう)郡にあった旧町名(千種町(ちょう))。現在は宍粟市の北西部を占める一地区。1960年(昭和35)千種村が町制施行。2005年(平成17)千種町は一宮(いちのみや)、波賀(はが)、山崎(やまさき)の3町と合併して市制施行、宍粟市となる。千種川の上流域、中国山地にあり、旧町域の大部分は山地である。国道429号が通じる。古代から砂鉄を産し、千草鉄はその品質で知られ、近世には天領として生産が続けられた。高保木(たかほぎ)のたたら跡や天児屋(てんごや)鉄山跡など製鉄関係の遺跡が多く、「たたらの里学習館」に資料が展示されている。農林業が中心で、キュウリ、菜豆(さいとう)(インゲンマメ)、シイタケ、そうめんなどを産する。千種川のアユ・アマゴ釣りなど観光にも力を注いでいる。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園域の三室(みむろ)高原青少年野外活動センターはキャンプの好適地である。また、ちくさ高原にはスキー場がある。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

千種の関連キーワード愛知県名古屋市千種区猪高町猪子石猪々道愛知県名古屋市千種区猪高町猪子石愛知県名古屋市千種区猪高町高針愛知県名古屋市千種区天白町植田愛知県名古屋市千種区星が丘元町愛知県名古屋市千種区星が丘山手愛知県名古屋市千種区茶屋が坂愛知県名古屋市千種区茶屋坂通愛知県名古屋市千種区千代田橋愛知県名古屋市千種区千代が丘愛知県名古屋市千種区吹上本町愛知県名古屋市千種区平和公園愛知県名古屋市千種区田代本通愛知県名古屋市千種区西山元町愛知県名古屋市千種区東千種台愛知県名古屋市千種区平和が丘愛知県名古屋市千種区富士見台愛知県名古屋市千種区千種本町愛知県名古屋市千種区城山新町愛知県名古屋市千種区自由ケ丘

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千種の関連情報