伊藤両村(読み)いとう りょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「伊藤両村」の解説

伊藤両村 いとう-りょうそん

1796-1859 江戸時代後期の儒者。
寛政8年3月15日生まれ。永井星渚(せいしょ)に師事し,のち江戸昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。郷里尾張(おわり)(愛知県)にかえり代々の庄屋をつぎ,私塾でおしえた。安政6年7月15日死去。64歳。本姓は池田。名は逸彦(はやひこ)。字(あざな)は民卿。通称は民之輔。著作に「群雄割拠録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android