コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井星渚 ながい せいしょ

1件 の用語解説(永井星渚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井星渚 ながい-せいしょ

1761-1819* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦11年12月生まれ。市川鶴鳴にまなび,尾張(おわり)名古屋藩の国老志水氏につかえる。二十余年間の勉学の経緯は「星渚先生対問」にしるされている。文政元年12月13日死去。58歳。本姓は大江。名は襲吉。字(あざな)は損疾,無咎。通称は松右衛門。別号に眕斎(しんさい),一翁。著作に「周易象義」「毛詩存疑」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井星渚の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ服部因淑橘崑崙おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone