コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井星渚 ながい せいしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井星渚 ながい-せいしょ

1761-1819* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦11年12月生まれ。市川鶴鳴にまなび,尾張(おわり)名古屋藩の国老志水氏につかえる。二十余年間の勉学の経緯は「星渚先生対問」にしるされている。文政元年12月13日死去。58歳。本姓は大江。名は襲吉。字(あざな)は損疾,無咎。通称は松右衛門別号に眕斎(しんさい),一翁。著作に「周易象義」「毛詩存疑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井星渚の関連キーワード沢田眉山北川孟虎伊藤両村儒者

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android