伊藤勝見(読み)いとう かつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤勝見 いとう-かつみ

1829-1910 江戸後期-明治時代の装剣金工。
文政12年3月生まれ。田中清寿(きよとし)に彫金術をまなび,17歳で師家の養子となるが,のち絶縁。万延元年江戸伊藤家の家業をついで10代となる。鐔(つば)金具などをほり,幕府,宮内省の御用金工をつとめた。明治43年2月24日死去。82歳。江戸出身。幼名は金五郎。前名は清重,正隆。号は退休庵,盛雨など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android