コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤斗福 いとう ますとみ

1件 の用語解説(伊藤斗福の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤斗福 いとう-ますとみ

1915- 昭和時代後期の経営者。
大正4年3月30日朝鮮釜山生まれ。小学校卒業後,日本に移住。昭和15年伊藤家の養子となり,日本国籍を取得。24年匿名組合方式の保全経済会をつくり,高利をうたい文句に15万人から約45億円をあつめる。株式や土地売買で運用したが,29年倒産。詐欺罪などにとわれ,懲役10年が確定(保全経済会事件)。この事件は,出資金,預かり金についての法律制定の契機となった。旧名は丁斗福。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤斗福の関連キーワード石塚庸三岩沢靖占部都美北野善朗坂本藤良諏訪博藤崎章村上武雄持田信夫森治樹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone