コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤斗福 いとう ますとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤斗福 いとう-ますとみ

1915- 昭和時代後期の経営者。
大正4年3月30日朝鮮釜山生まれ。小学校卒業後,日本に移住。昭和15年伊藤家の養子となり,日本国籍を取得。24年匿名組合方式の保全経済会をつくり,高利をうたい文句に15万人から約45億円をあつめる。株式や土地売買で運用したが,29年倒産。詐欺罪などにとわれ,懲役10年が確定(保全経済会事件)。この事件は,出資金,預かり金についての法律制定の契機となった。旧名は丁斗福。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤斗福の関連キーワード神谷尚男経営者

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android