コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤斗福 いとう ますとみ

1件 の用語解説(伊藤斗福の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤斗福 いとう-ますとみ

1915- 昭和時代後期の経営者。
大正4年3月30日朝鮮釜山生まれ。小学校卒業後,日本に移住。昭和15年伊藤家の養子となり,日本国籍を取得。24年匿名組合方式の保全経済会をつくり,高利をうたい文句に15万人から約45億円をあつめる。株式や土地売買で運用したが,29年倒産。詐欺罪などにとわれ,懲役10年が確定(保全経済会事件)。この事件は,出資金,預かり金についての法律制定の契機となった。旧名は丁斗福。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤斗福の関連キーワード高校野球ブラッグエイクマン佐久間左馬太ジェラールシャノアーヌマクドナルド鉱物相包有物ライドル岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone