コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤松軒 いとう しょうけん

3件 の用語解説(伊藤松軒の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊藤松軒

江戸中期の歌人。通称次太夫、倚松庵と号す。幕府の士。武者小路実岳日野資枝烏丸光栄、光胤らの門に学ぶ。画才にも秀でる。寛政6年(1794)歿、86才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤松軒 いとう-しょうけん

1709-1794 江戸時代中期の歌人。
宝永6年生まれ。浪人して江戸麻布にすむ。武者小路実岳(さねおか),烏丸光栄(からすまる-みつひで),烏丸光胤(みつたね),日野資枝(ひの-すけき)にまなび,絵にもすぐれた。寛政6年10月30日死去。86歳。通称は次太夫。別号に倚翠庵(いすいあん)。「倚翠庵和歌」などをあらわす。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤松軒

没年:寛政6.10.30(1794.11.22)
生年:宝永6(1709)
江戸中期の歌人。青山備前守幸覃の家臣であったが,のち浪人して江戸麻布竜土町に住む。晩年内田家に仕えるか。烏丸光栄,武者小路実岳,日野資枝門。また江戸では亨弁に師事し,下級武家歌人達を指導するに至る。萩原宗固とは同門として親交を結んだ。家集『倚翠庵和歌』(刊本)のほか,写本の『倚翠庵和歌の浦波』が伝存する。人脈上も江戸歌壇の中心たりえた存在であったが,実像はまだ十分明らかになっていない。<参考文献>松野陽一「明和安永期江戸歌壇と渋谷室泉寺」(『和歌文学研究』54号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone