コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸光栄 からすまる

2件 の用語解説(烏丸光栄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

烏丸光栄

江戸中期の公卿・歌人。烏丸宣定の子、光胤の養嗣子となる。霊元院に和歌の指導を、中院道躬より古今伝授を受け、桜町天皇に『古今集』秘説を授けた。近世公卿歌人中の白眉と称される。権大納言を経て正二位内大臣に至る。家集に『栄葉和歌集』等。延享5年(1748)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏丸光栄 からすまる-みつひで

1689-1748 江戸時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元禄(げんろく)2年8月3日生まれ。烏丸光雄の孫。享保(きょうほう)4年(1719)参議となる。権(ごんの)大納言,正二位にすすみ,没する直前に内大臣に任じられた。家集「栄葉和歌集」のほか,歌論を門人が筆録した「聴玉集」がある。延享5年3月14日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

烏丸光栄の関連キーワード樋口基康風早公長久我通兄二条吉忠秋保盛弁一色芳桂九条忠孝久我惟通中島貞至東久世通武

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone