日野資枝(読み)ひの すけき

  • 日野資枝 ひの-すけき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1737-1801 江戸時代中期-後期の歌人,公卿(くぎょう)。
元文2年11月1日生まれ。烏丸光栄(からすまる-みつひで)の子。日野資時養子。宮廷歌壇に重きをなし,茶道もたしなんだ。宝暦13年(1763)参議となり,のち権(ごんの)大納言,従一位にすすむ。享和元年10月10日死去。65歳。著作に「歌合目録」「詠歌一体抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android