コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資枝 ひの すけき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野資枝 ひの-すけき

1737-1801 江戸時代中期-後期の歌人,公卿(くぎょう)。
元文2年11月1日生まれ。烏丸光栄(からすまる-みつひで)の子。日野資時の養子。宮廷歌壇に重きをなし,茶道もたしなんだ。宝暦13年(1763)参議となり,のち権(ごんの)大納言,従一位にすすむ。享和元年10月10日死去。65歳。著作に「歌合目録」「詠歌一体抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日野資枝の関連キーワード北小路祥光尾池春水渡辺重名小池友識内山椿軒高井宣風根岸嶰谷里村玄碩津軽親足裏松光世間山祐真栂井道敏伊藤松軒生山正方藤貞幹宮部万日潤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android