武者小路実岳(読み)むしゃのこうじ さねおか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武者小路実岳 むしゃのこうじ-さねおか

1721-1760 江戸時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
享保(きょうほう)6年10月20日生まれ。武者小路実陰の孫。武者小路公野の子。左近衛(さこんえの)中将となり,宝暦5年従三位にすすむ。二条派宮廷歌人で,門下から伴蒿蹊(ばん-こうけい),澄月(ちょうげつ)らがでた。宝暦10年8月12日死去。40歳。名は「さねたけ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android