コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川家宣 とくがわいえのぶ

8件 の用語解説(徳川家宣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川家宣
とくがわいえのぶ

[生]寛文2(1662).4.25. 江戸
[没]正徳2(1712).10.14. 江戸
江戸幕府6代将軍 (在職 1709~12) 。父は甲府藩主徳川綱重。母は田中氏。幼名は虎松。初め綱豊といい,宝永1 (04) 年家宣と改名。院号は文昭院。同年 12月5日5代将軍綱吉の養嗣子となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐いえのぶ〔トクがはいへのぶ〕【徳川家宣】

[1662~1712]江戸幕府第6代将軍。在職1709~1712。甲府藩主徳川綱重の長男。綱吉の養嗣子。柳沢吉保を退け、間部詮房(まなべあきふさ)新井白石を重用して政治の刷新を行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徳川家宣【とくがわいえのぶ】

江戸幕府6代将軍(在位1709年―1712年)。3代家光の三男甲府藩主徳川綱重の子。幼名虎松。初名綱豊。諡号(しごう)文昭院。1676年甲府25万石を継いだが,1704年5代綱吉の養子となり,1709年将軍となる。
→関連項目雨森芳洲折たく柴の記読史余論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川家宣 とくがわ-いえのぶ

1662-1712 江戸幕府6代将軍。在職1709-12。
寛文2年4月25日生まれ。徳川綱重(つなしげ)の長男。母はお保良の方(長昌院)。甲斐(かい)(山梨県)府中藩主から叔父(おじ)徳川綱吉(つなよし)の養子となり,宝永6年将軍職をつぐ。間部詮房(まなべ-あきふさ),新井白石の補佐をうけ,生類憐(あわれ)みの令の廃止,正徳(しょうとく)金銀の発行,朝鮮通信使節の待遇の簡素化などをすすめた(正徳の治)。正徳2年10月14日死去。51歳。幼名は虎松。初名は綱豊(つなとよ)。法号は文昭院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川家宣

没年:正徳2.10.14(1712.11.12)
生年:寛文2.4.25(1662.6.11)
江戸幕府第6代将軍。甲府25万石の領主徳川綱重とその側室於保良(長昌院)の長子。初め家臣新見正信に養育されて新見左近と称し,寛文10(1670)年綱重の嗣子となって松平虎松と改めた。延宝4(1676)年に元服して従三位左近衛権中将に叙任され,綱豊と称す。6年綱重の死後家督を相続し,8年参議,正三位に昇り,さらに10万石を加増されて35万石を領した。元禄3(1690)年権中納言に昇進。宝永1(1704)年叔父の5代将軍綱吉の養嗣子となり,諱を家宣と改め,翌2年従二位権大納言に叙任。6年綱吉没後,48歳のとき将軍となって正二位内大臣に叙任されたが,在職4年にして没した。甲府藩以来の側近である側用人間部詮房や儒者新井白石を重用して政治の刷新を図り,後世「正徳の治」と称された。好学の人であり,また猿楽を好み,性格は寛仁でありながら,英断の人でもあったという。

(深井雅海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわいえのぶ【徳川家宣】

1662‐1712(寛文2‐正徳2)
江戸幕府6代将軍。3代将軍家光の三男甲府藩主綱重の長子。幼名虎松。法号文昭院。綱重が正室を迎える前の子であったので,一時家老新見正信に養われ,新見左近と名のる。1670年(寛文10)甲府藩邸にもどり,76年(延宝4)元服して綱豊と名のり,78年甲府25万石を継ぐ。翌年近衛基熙の娘熙子と結婚。1704年(宝永1)5代将軍綱吉の養子となり,家宣と改名。09年6代将軍となる。側用人間部詮房(まなべあきふさ),侍講新井白石の補佐を受け,生類憐みの令の廃止をはじめ,前代の弊政の修正に努め,あつく儒教を信奉して人民へ仁愛の施政に心がけ,儀礼の整備,勘定所機構の改革,通貨改良など諸政刷新を意図したが,在職3年余りで死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくがわいえのぶ【徳川家宣】

1662~1712) 江戸幕府第六代将軍(1709~1712)。甲府藩主徳川綱重の長男。綱吉の養子。幼名虎松。側用人、間部詮房まなべあきふさを老中とし、新井白石を登用して正徳の治を行なった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川家宣
とくがわいえのぶ
(1662―1712)

江戸幕府第6代将軍。3代将軍家光(いえみつ)の三男甲府藩主綱重(つなしげ)の長子。初名綱豊(つなとよ)。綱重が正室を迎える前の子であったので、一時家老新見正信に養われ、1670年(寛文10)甲府藩邸に戻り、1678年(延宝6)甲府25万石を継ぐ。翌年近衛基煕(このえもとひろ)の娘煕子と結婚。1704年(宝永1)5代将軍綱吉の養子となり、家宣と改名。1709年6代将軍となる。側用人(そばようにん)間部詮房(まなべあきふさ)、侍講新井白石(あらいはくせき)の補佐を受け、生類憐(しょうるいあわれ)みの令の廃止をはじめ前代の悪政の修正に努め、儀礼の整備、勘定所(かんじょうしょ)機構改革、通貨改良など諸政刷新を意図したが、在職4年足らずで正徳(しょうとく)2年10月14日死去。法号文昭院。[辻 達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川家宣の言及

【正徳の治】より

…江戸中期,1709年(宝永6)から15年(正徳5)まで7年にわたる6代将軍徳川家宣,7代家継の治世の通称。家宣は幕府内外からの期待をうけて将軍となり,生類憐みの令の廃止を手始めに前代の弊政の改廃につとめ,側用人間部詮房(まなべあきふさ),侍講新井白石がこれを補佐した。…

【武家諸法度】より

…江戸幕府が武家の守るべき義務を定めた法令。天皇,公家に対する禁中並公家諸法度,寺家に対する諸宗本山本寺諸法度(寺院法度)と並んで,幕府による支配身分統制の基本法であった。1615年(元和1)大坂落城後,徳川家康は以心崇伝らに命じて法度草案を作らせ,検討ののち7月7日将軍秀忠のいた伏見城に諸大名を集め,崇伝に朗読させ公布した。漢文体で13ヵ条より成り,〈文武弓馬の道もっぱら相嗜むべき事〉をはじめとして,品行を正し,科人(とがにん)を隠さず,反逆・殺害人の追放,他国者の禁止,居城修理の申告を求め,私婚禁止,朝廷への参勤作法,衣服と乗輿(じようよ)の制,倹約,国主(こくしゆ)の人選について規定し,各条に注釈を付している。…

※「徳川家宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川家宣の関連キーワード徳川綱重犬公方大君天領徳川家継奥詰上覧相撲甲府勤番支配曾我尚祐天英院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川家宣の関連情報