コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤次郎左衛門(13代) いとう じろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤次郎左衛門(13代) いとう-じろうざえもん

1878-1940 明治-昭和時代前期の実業家。
明治11年5月26日生まれ。12代伊藤次郎左衛門の4男。明治42年東京上野のいとう松坂屋で,販売方法を座売りから陳列式に変更。43年名古屋栄町に店舗を新築し,営業形態を近代的百貨店へと脱皮させた。大正13年父の跡をつぎ,伊藤家15代。14年全店の名称を松坂屋に統一した。名古屋商業会議所会頭などを歴任。昭和15年1月25日死去。63歳。名は祐民,のち治助(じすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤次郎左衛門(13代)の関連キーワード実業家明治

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android